• 練馬区でリフォームするときは住宅の構造を理解して

    練馬区でリフォームを行っている人はたくさんいますが、リフォームだからと言ってあれこれ何でもできると考えるのは間違った認識になります。

    練馬区のリフォーム情報のご紹介です。

    住まいの構造によって工事ができる場合と、そうでない場合があることを知っておくことが大切です。そのためには住まいの構造にはどのようなものがあるかを知り、それぞれの特徴を理解しておくことが重要になってきます。



    住まいの構造には、もっとも一般的な在来工法による木造在来工法、ツーバイフォー、プレハブ工法、鉄筋コンクリート工法、鉄骨軸組み工法があります。

    リフォームには間取りの変更、水回りの変更、増築、設備の変更などがあります。


    この中には柱などの構造体に手を加える必要のないものもありますが、間取りの変更になってくると柱を取り外したり壁を取り払うことが、必要になってくる場合があります。むやみに柱を取り外したり壁を取り払ったりすれば、住まいの構造そのものが弱くなってしまうことは言うまでもありません。実際にリフォームを行ったために、耐久性や耐震性が弱くなってしまった練馬区の住宅もあります。



    リフォームはその建物構造がしっかりしていることが大前提になってきます。

    工事を行ったために構造が弱くなってしまったというのでは、何のための工事なのか分からなくなってしまいます。

    このような場合工事を行ってすぐに建て替えなければならないといったことにもなりかねません。

    費用を無駄にしないためにも、練馬区に住んでいる自分の住まいがどのような構造なのかを、理解することが大切です。