img_02

薄毛対策にはシャンプーとマッサージが基本

髪の状態を鏡で確認をした場合に以前に比べて何処と無く髪がつぶれたような感じになってくると薄毛かなと感じることになります。
髪の毛のボリュームを保つことが難しくなっている方の場合は頭髪密度がこれまでよりも少なくなっている可能性があるといえ、健全な頭皮の場合は1つの毛穴から数本の毛が生えて、互いに支えあうように根元から自然な立ち上がりを見せています。

http://www.aga-taisaku.com/

一方で頭皮に活力がなくなれば、1つの毛穴から生えてくる本数が減ってしまうので全体にボリュームが少なくなるのです。


このような状態の場合には、髪と頭皮からの毒を排出するパワーも弱まっているので、薄毛対策としてはシャンプーとマッサージを行なうことが基本中の基本となります。

基本的に薄毛対策を行なうシャンプーは1日1回、できるのであれば夜におこなうことです。


シャンプーの頻度は年齢を重ねるごとに少なくなる傾向がありますが、頭皮は顔部分よりも多くの皮脂が出ますので、1日経つとかなり脂っぽくなることが多く、またニオイも発生することから、汚れをその日のうちに落とすのが鉄則です。また、夜は副交感神経が活発になりますので育毛には適していると言われていますので、汚れをスッキリ落として眠れば毛根部に栄養もいきわたりやすくなり、老廃物も排出されやすくなる期待があります。



また、いきなりシャンプーを行うようなことはせずに、薄毛対策としてはその前段階の準備が重要です。



軽いストレッチが効果的ですが、頭皮用のオイルを使用してマッサージをすると体を温めてくれる効果もありますので使ってみると良いでしょう。